地域の方に必要とされる
金融機関でありたい

H28年入組/鷹巣支店(テラー)

櫻庭 麻美

地域行事に積極的に参加しています

私は生まれも育ちも秋田県ですので、秋田で就職したいとずっと思っていました。地域の人やお客様と接する機会の多い地域密着型の金融機関であるけんしんに魅力を感じました。
大学時代まで、ずっと秋田市の実家にいましたので、仕事でそういう機会があれば一人暮らししてみるのもいいかなという思いはありました。違う土地で仕事をしてみるのも面白いのかなという好奇心もあり、鷹巣支店に来ました。

ご年配のお客様とのお話も楽しいです!

入組前に研修があって、その最終日に配属先が決まります。それから2週間くらいで引っ越してきました。入組してすぐ秋田市を離れ、不安はありましたし、勤務先でどんな人がいるのか最初はとっても不安でしたが、先輩方はとても優しくて、丁寧にご指導してくださったので、自分のペースで頑張ることができました。現在入組1年目の後輩がいるので私も教える立場になりました。私も去年はこうだったなぁと思い、私がしてもらったように優しく教えてあげたいと思っています。
日々の窓口業務の中で、お客様から「ありがとう」と言っていただけると、人の役に立てているんだと実感して嬉しくなります。ここ鷹巣支店はお客様の年齢層が高く、ご年配の方とのお話は新鮮で楽しくて、ついついお話が長くなったりしてしまいますね。自分のお孫さんの話をして下さったりと、いつも心が温まり癒されています。それと、自分の顔を覚えてくださるお客様が増えることは、とても嬉しいですね。人との関わりがすごく楽しいなと思います。

充実した人材育成制度

窓口業務の女性はほとんど全員が通る「CISマイスター」という検定があります。CISとは顧客満足度のことです。業務上のサービス以上の満足度を感じていただくための、お客様にいかに好印象を与えられるか、気遣いができるかという試験です。窓口担当者は1年目に必ず受験するものです。
また、私は大学生の時にファイナンシャルプランナー3級の資格を取得していましたが、今度2級を受験する予定なので、合格を目指して頑張りたいと思います。そしてしっかりとした基礎知識を基盤に、お客様に適切なアドバイスができる職員になりたいですね。

私は今入組2年目になります。今後はお客様とたくさん会話をして、そこからセールスに繋げて実績を上げられるようにしていきたいです。北秋田市の鷹巣支店は、歴史があり諸先輩方が築いてくれた信用がしっかり根付いています。その信頼関係を守り、またその期待も裏切らないよう、引き継いでいきたいと思います。